main

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

配筋検査にて、指差し呼称 《imakou》

新しい現場が決まり現地に赴くと、そこはほとんどが始めてみる風景です。
おおげさにいえば、生まれて初めて見る風景なんです。
そして、ここに来れたのも「なにかの縁」ですね。
この仕事をしていなければ、出会うことのなかったかもしれない土地。
そう考えるととてもありがたく、不思議な気持ちになります。
このご縁を大切に、工事を進めていきたいと思います。
 
話は変わりますが、今まで見えてなくて、突然気が付きハッとしたことありませんか。
私だけかもしれませんが、先日こんな話を聞きました。
「マサカ、コンナトコロニ、コンナモノハナイ」と思い込むと
たとえそれが大きなものであっても、見えない。
そんなことがあるそうです。
車を運転していると、人に気が付いてビックリ、ヒャッとしたことがあります。
近づくまで気が付かなかった。エッいたの?というようなこと。
思い込みには気をつけましょう。

さて本日は、配筋検査でした。
先日中間検査の現場でお会いした検査員の方でした。
「鉄筋のピッチ、200、よし。型枠との空き、よし」
声に出して、指差し呼称。
これがたいせつなのでしょうね。
声に出すのはコッパズカシイような気もしますが、
「いいだろう」「大丈夫だろう」の思い込みはなくなると思います。
丈夫な家づくりの基本でしょう(^_^)
hkw3.jpg