main

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去の記事

「きもちいい〜!」とおもった瞬間 《imakou》

もうすっかり仕事は始まっています。
ゴールデンウィークが遠い昔のことのようですね。
前にも言いましたが、始まる前がいいんで、
入ってしまうとあっという間に過ぎてしまうようです。
過ぎてしまったことを振り返るようで恐縮なのですが、
「きもちいい〜」と思えた瞬間があったのでご報告いたします。
 
とは言っても、何をしたから気持ちいいとかではなくて、
「ナンデキモチイイノカワカラナイケド、キモチイイ」
といったことなので解ってもらえるでしょうか、心配です。
 
人はよく「いやされた〜」と言われます。
意味はわかるのですが、はたして癒された結果があるのかないのか、
そのあたりのことが僕にはよく解らないんです。
たとえば、締めることのできなかったベルトが締められるようになって、
おなか周りがスッキリしたことのような現実的な感覚が、持続される感覚が、あればと思うのですが。
そんな僕なので「いやされた〜」ではなく「きもちいい〜」だったのです。
 
この景色から読み取ってみてください。
kt75.jpg

そこは田舎のグラウンドです。
子供たちが野球の練習をし、気合の叫び声が響いていました。
親御さんたちの車が広場いっぱいにあって、
遠慮がちに隅っこに車を止めてから、窓を開け、座席をたおして少々昼寝。
日差しのわりには暑くなく、つよくない風が窓を通過していきます。
近くで、鳥の鳴き声。(-。-)y-゜゜゜
 
かすかに車のドアがしまる音。
 
30分位して気が付くとこの風景でした。
ずっと鳥の鳴き声だけは聞こえています。
で、「きもちいい〜」でした^_^;