main

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

屋根板金ガルバリウムの施工 《imakou》

♪つゆも〜ちぃ〜かづ〜く♪
6月に入りました。もう半年たってしまうんですね。
月日のたつのはあっという間です。
この半年の間に何ができたのかな。
日報には、その日気付いた反省の弁が綴られていますが、
今日に生かされているのかな。
「反省だけなら〇〇でもできる」って誰かが言ってました。
〇〇よりは進歩しなきゃ^_^;
 
本日は、屋根板金の施工風景です。
まずは、下地にアスファルトルーフィングを貼ります。
水下から順番に水上に向かって継ぎ手を重ねて貼っていきます。
%A3%F9%A3%E7%A3%F3%A3%B0.jpg
貼り上がったら、先端部分に水切り鈑金を取り付けます。
そして、屋根の長さに加工された鈑金材(この場合はがルバリウムの瓦棒葺用)を
所定の位置へ。
長くて曲がりやすいので注意です。
 
%A3%F9%A3%E7%A3%F3%A3%B0%20%281%29.jpg
貼り始めが肝心です。
上下の位置を微調整しながら
水上と水下の寸法を合わせ、スタートの位置を決め、
決まれば順番に並べていきます。
 
早送りしましょう。
%A3%F9%A3%E7%A3%F3%A3%B0%20%282%29.jpg
ほとんど葺き上がりました。
 
ygs1.jpg

こうして葺きあげたら、端部や瓦棒の処理をして完成となります。
僕がこうして言うと簡単になってしまいますが、
随所に熟練工でなければ、といったところが満載で、
簡単に見えてしまうところが、職人さんの憎いところですね(^_^)v