main

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去の記事

ガルバリウム鋼板貼り 《imakou》

いきなり温室に入った時のような体感だった先週。

 

sun熱中症の注意放送が、帰宅を急ぐ人に忘れ物の注意をする時のように連日叫ばれていました。

「水分と、塩分の補給を忘れないで、無理をしないで冷房を利用しましょう」と。

水分だけ補給していてもだめなんですってね。

塩分もとらないと、水分が吸収されにくいと聞きました。

でも、なんでも減塩志向だから、ちょっと抵抗があるなぁ。

「お酒も少しなら、百薬の長なのよ。飲みすぎ、とりすぎはダメ。そういうことよ」って。

そんなもんですかねぇ(^_^)

 

そういえば子供のころ、プールの帰りに唇に塩をつけませんでしたか。

昔のことで、どうしてそんなことをしていたのか考えもしませんでしたが、、

少しずつなめる唇の塩の味がとてもおいしかった記憶があります。

そういえば、味塩のビンごと持ってきて、手のひらに載せてなめてるのもいました(^_^;)

 

さて、こちらの現場では外壁にガルバリウム鋼板を使用しています。

その施工風景です。

 

鋼板の長く細かな角波が、すっきりしたシャープな印象になります。

サイディングに目が慣れたころ、こういった仕様には初々しさを感じます。

外壁の下地には、面材を施し、防水シート貼、通気胴縁とし強度、防火ともに考えられています。

ガルバリウム鋼板は幅こそ小さいですが、長尺であるため継手を少なくすることができる反面、

その分足場の中に差し込むのに一苦労です。

傷をつけないように上と下と中間に職人さんが配置し、声を掛け合い所定の位置に取り付けていきます。

 

工事が進むにつれ家の表情が表れてくるようで、感動です。happy01

rght - コピー.JPG