main

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去の記事

2016年7月24日

木材を化粧で見せる軒 《imakou》

sun夏本番。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

僕はと言いますと、

家の大掃除を行っています。大晦日でもないのにです。

実は、ずーと家の中がぐしゃぐしゃで、何とも居心地の悪さが

心を圧迫していました。

 

そんな折、業者会議やイベントで講師をしていただいた、

shine整理収納アドバイザー大原先生の講義を聞いてflair「これだっ」!と思い立ち、

早速実践しました。

 

捨てました。とにかく捨てました。

押入れ、クローゼット、タンスなど、無駄なスペースをなくすよう心掛けました。

そして、そこかしこに無造作に置かれているものや、積み上げてあるものすべて

収納に収めました。納まらないものは優先順位で処分。

どうしようか迷ったものは「えいやっ!」で処分しました。

一日では到底できず一部屋一部屋を毎週。

おかげでとてもスッキリしました。

脂肪が取れておなか周りがスッキリのような気分です。

 

思いましたが、

やはり~家族の協力は大切ですねっ!

自分ひとりだと気負けしてしまうし、

自分のものでないと、処分して良いのか悪いのか迷うし、時間もかかる。

また、勝手に処分して恨まれるのは困りますからね。

皆さんもいかがですか、汗だくになりますが、

目に見えてスッキリすると、気分的な暑さ対策にもなりますよcoldsweats01

 

houseさて、現場のほうですが

最近あまり見られなくなりました、

「木材を化粧で見せる軒の工事」を行っています。

H様邸注文住宅です。

IMG_2705.JPG

IMG_2709.JPG

「雀(すずめ)と大工は軒で泣く」という言葉があるそうです。

雀は軒でさえずる、大工は軒で苦労するという意味だそうです。

建物の美しさは軒が演出しているとまで言われ

だからこそ大工さんの腕が問われるといったことのようです。

宮大工の松浦昭次さんの本でそのように読みました。

建物の立地条件や、周辺の景観などで

それぞれの美しさはありますが、

こういった建物は少なくなりました。

 

耐震等級をクリアした構造で

桁や母屋を化粧で見せ、軒天を桧の板張りとしてあります。

大工さんの加工するそばで桧の香りがぷんぷん。

かおりますね~

大工さんの腕が鳴りますね~happy01

 

 

2016年7月 7日

耐震等級3の基礎 ≪Aki≫

阪神淡路大震災、東日本大震災、そして先般の熊本地震…

ここ20数年の間だけでもこれだけ甚大な被害を出した大地震を日本は経験しています。

南海トラフ・東海地震が叫ばれて久しいですが、どうしても“のど元過ぎれば熱さ忘れる”の言葉通り、耐震工事に対する関心は必ずしも高いとは言い切れませんdespair

それでも、必ずこの東海エリアにはやってくるんだという気構えを持って家づくりに携わらないとまさかの時の杖にはならないsign01そんな思いで取り組んでいます。

Dhシリーズでは耐震等級2又は3を標準採用しています。

その基礎構造は堅固です。金物も通常使用するものとは全く違っています。

建物を基礎から支える安心happy01

私どもはたゆまぬ努力で、お客様へ最高の家づくりのお手伝いをさせて頂いております。

Dh広路本町基礎1.jpg

Dh昭和区広路本町の耐震等級3の基礎です。これからフレーマー工事が始まりますヽ(^。^)ノ

 

Dh広路本町基礎2.jpg

金物類も豊富に使用しています。建築基準法の耐震性能、1.5倍の 性能を有するように作られています\(^o^)/