main

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

2015年6月30日

1年も折り返しですね~ 〈Aki〉

ついに6月も最終日。1年も半分が過ぎ去ろうとしていますwink

早いですね…

当社のショールームの大改装工事も、構想からほぼあしかけ1年。ようやく完了しました!

ただ単に設備機器を置くのではなく、イメージを持って家づくりをしていただきたいということで、インテリアコーディネーターを入れて、仕上がりの細部にまでこだわりましたよ~happy02

7月に2回に分けてリニューアル内覧会も開催します。

別途ご案内しますので、ぜひお越しください!!!

ショールーム3.jpg

爽やかな風が流れるダイニングコーナーですcafe

2015年6月28日

真壁で塗り壁の和室造作 《imakou》

rain雨の中での作業の後は

車(トラック)に飛び乗り着替えます。

雨でぬれ、汗でぬれた衣服を着替えるも

ヘルメットを脱ぐとともに湯気が立って

汗のせいなのか雨のせいなのかわからない滴が

eyeglassメガネの内側やうなじを伝います。

必死にタオルでふきふきするのですが

着替えた後からじわっと汗が噴き出してきて

再びシャツが湿ってしまいます。

僕にとっては、梅雨の時期よくある風景です。

時々着替えずに面倒だからと

そのまま乾くのを待って、やり過ごすこともありますが、

乾くまで冷たく気持ち悪いし、すぐには乾かないから

「着替えた方がよかったかな」なんて後悔しながら移動して

結局は着替えるなんてこともありますね。

こういう時に体調を崩してしまうことがありますから

気を付けましょうwobbly

 

さて、S様邸では和室の造作に入りました。

wmit4u.JPG

真壁の和室です。

真壁(しんかべ)とは柱を化粧で見せて、壁を柱の面よりも引っ込めて納めることを言います。

ちなみに対象で大壁(おおかべ)という場合は柱をボードなどでかくして見えなくします。

主に洋間がそのようになっていますが、最近では和室でもあります。

最近「真壁で塗り壁」という場面にはなかなかお目にかかれなくなりました。

やはり手間がかかりますし、湿式になるため工期にも余裕が必要なのも理由の一つでしょうか。

また、和室を必要としないかたもいらっしゃるようで、ますます減っていくかもしれませんね。

そして当然のなりゆきとして、手で刻む和室の仕事ができる職人さんも減っていくのでしょうねcoldsweats02

本当に貴重な仕事です。

こういった仕事をいただけて、経験させていただけることを本当に感謝したいと思います。

参考書を眺めるだけでなく、現場で大工さんや左官さんの苦労を見聞きすることが

やっぱり一番勉強になりますねhappy01

 

 

 

2015年6月22日

☆父の日☆     (有)球休暇

2015 父の日.jpg

 

6月21日(日)は父の日でした。

いつも手紙をくれる2人の息子たちが

今年は、草野球をやってるオヤジに

手紙+baseballベースボールバッグのプレゼントを

用意してくれました!

嫁さん曰く

2人で小遣いを出し合って買ってたよ~とのこと。

いやはや嬉しい限りデスhappy01

よ~し明日からも

家族みんなのために、仕事がんばるぞsign03

2015年6月14日

すっぽり養生 《imakou》

ついに今年もこの季節がやってきました。

梅を漬けて梅干をつくるんです。

いただいた梅と購入した梅約10キロ、

先週から準備に取り掛かり、カメにつけて梅酢が浸るころあいで

今日早速スーパーに出回ったシソを購入し、塩もみしてアクを取ってから

梅酢を浸せば綺麗な紫紅色になりました。

カメの中の梅にシソを敷ならべ、蓋をしたらとりあえず完了。

土用の晴天までじっくり待ちsunあとは天日干しを残すのみです。

 

しかし、このあたりで気を抜くと、ふたを開けた時、

カビが生えているなんてことがあるから怖いんです。

実際去年つくったカメの一つにカビが生えてしまいましたshock

幸い比較的早く気付いたため、被害は小さくすみ、

急ぎ処置をしたところ、事なきを得て漬け上げることができました。

 

ここまで結構手間がかかり根気のいる作業なのですが、

翌年ふたを開けてみて綺麗に漬かっているのを見ると

ほんと感動ものですよ。

味も梅干らしくしょっぱくてhappy02これ一個でおかずがいらないくらいです。

減塩やはちみつ入りなどが流行りの昨今ですが、

男なら、しょっぱい梅干しで、夏をのりきろー(^^)/(女性もね)

 

rain梅雨真っ只中ですが、

現場では建て方すぐの雨には用心しなければいけません。

木材自体、水にぬれてすぐにどうにかなるものではありませんが、

濡れ続けるのはよくありません。

そこで屋根のルーフィングを急いだり

間に合わなければシート等で養生をしたりします。

spu001.JPG

こちらの現場ではシート養生をしましたが、

写真を写した場所はすっぽりシートに包まれて建物が見えないようになっています。

いずれにしても早く工事を進めて雨仕舞をしつつも

風通しを良くしたいですねcoldsweats01

 

 

 

2015年6月 3日

Dh昭和区小坂町 基礎工事配筋! 〈Aki〉 

Dh昭和区小坂町では、基礎工事の配筋検査終了ですhappy01

最近は、とにかく構造の性能がよくなってきました。JIO(日本住宅保証検査機構)や住宅保証機構の10年保証検査基準は最低ライン。。。

それ以上の長期優良住宅や性能評価のレベルを求められています。

弊社の3F建ては狭小地建築ということもあって、認定長期優良住宅の取得が困難です。

それは、既定の耐力壁が間取りを取れなくする矛盾を生じてしまうのです。つまり、無理に長期優良の耐震等級3を取ろうとすると、壁が短手にずらっと並んで、必要な間取りが取れなくなってしまうのです。

ただし、3階建ては構造計算をしていますので、基礎に関しては耐震等級3相当の耐震性は確保しているのでご安心を!

建築は難しい…

次回は省エネの矛盾も話していければいいと思ってますhappy02

Dh昭和区小坂町基礎.jpg

縦横に配筋が走っています。正確性を保つため、工場溶接が主流になってきました(^_^.)

2015年5月31日

リフォーム、耐震補強 《imakou》

昨日タケノコ採りに行ってきました。

4月に残雪で山遊びを断念したのが何だったのかと思えるほど

田んぼには水が入り田植えが進み、山は緑でいっぱいでした。

日が昇り始めたばかりの山は

青空をバックに大自然のアリーナ。

冷たい空気がうぐいすの声を高く遠く響かせていました。

yks01.JPG

5月初旬の山の景色です。

 

雪の重みで斜面に倒れた笹の竹藪を分け入り

タケノコの姿を探しました。

道なき斜面を笹に足を取られたり、積った葉っぱで滑ったりと

もつれ転びながら悪戦苦闘し何とか少しばかり採ることができました。

わずかな時間でしたが、首から背中にかけて汗でびっしょり。

それでも山の冷たい空気が気持ちよく体を癒してくれましたhappy02

 

さて、ここからまだひと仕事あるのです。

まずは採ってきたタケノコを大なべで豪快に茹で上げ皮をむきます。

一本一本キャベツの葉っぱを芯までめくっていくように、

さっきっぽが見えるまで丁寧にです。

根気のいる仕事ですcoldsweats01

ttnu5.JPG

火をおこし大なべで豪快にタケノコを茹でています。

 

後は水につけてアクを抜き、味付けしたらやっと出来上がりです。

toikg41.JPG

皮をむいたタケノコを水につけアクを抜いています。

 

季節のものですから、今この時だけの自然の恵みをかみしめたいと思いますdelicious

 

さて、こちらY様邸の現場ではリフォームで耐震補強も併せて行っています。

まずは古い建物の内装をスケルトンとし

開口部のない壁を利用して構造用合板の面材で補強しました。

hjrd1.JPG

壁には構造用合板を貼り、耐震補強しています。

 

内装壁面は土壁で真壁となっている部分もあり下地を作ってクロスで仕上げる予定です。

床はフロアーの芯が所々で抜けフワついていたことから

下地から悪い所は取り換え、さらに合板などを貼り増して補強しました。

古い建物では、躯体の木材には太く大きな無垢の材料を使われていることが多く、

その辺は心配ないのですが、

反面、瓦や土壁で、重く揺れやすい建物になってしまっていることもあります。

でも、多少手を加えてあげることでより丈夫になると思われます。

表面の汚れや傷など、または使用形態が変わるなどでリフォームをお考えでしたら、

合わせて構造的なことを検討してみるのもよいかと思います。

リフォームでも、丈夫で綺麗な建物になるようにお手伝いさせていただきますので

ぜひご相談くださいhappy01

 

 

 

 

 

2015年5月14日

建物解体のおはらい(^O^) 〈Aki〉

様々な思いの詰まったお宅…これから新たな家を建設するために、工事の安全を願って解体工事のおはらいをしましたhappy01

片付けさせて頂くと、思い出のつまった写真他品々の数々が出てきます。

一つ一つ、丁寧に保管させていただき、お返しします。

このような作業も、お客様の顔を思い浮かべながら行います。。。

重要な作業の一つだと考えてます。

さあ、これから建築本番です!

※壊した後は、当然地鎮祭も行いますよwink

Dh東区白壁解体おはらい.jpg

工事の無事、安全を願って<(_ _)>

2015年4月30日

穀雨 《Day》

霜止出苗ころになった途端、急ぎ足で夏がやってこようとしています。

4月にしては十分すぎる雨となりましたが、

大型連休に間に合わせるように青空が戻ってきました。

現場では、雨の分を取り戻そうと頑張っています。

桜の花びらを散らしたこの雨なんですが、

農作業にはなくてはならないものなんですね。

さくらの[さ]は田の神を意味し、[くら]は依代の意味です。

つまり桜は田の神が下りてくる木なのです。

沢山の今年の雨は、神様の悪戯だったんでしょうか?

P1190913.JPG

画像は土台プレートです。

大きな荷重がかかる柱が横架材にめり込むのを軽減します。

在来工法3階建てに採用しました。

Z木材さんの協力で無事上棟もスムーズに進み、もうじき完成です。

この分柱の長さが変わるので、少々面倒だったでしょうね?

これからもいいもの、新しいものを採用していきます。

2015年4月27日

通気工法 《imakou》

衣替えもしないうちから

こうもいきなり暑くなっちゃかないませんねcoldsweats01

どうも極端なんですよね、寒かったり、暑かったり

雨ばっかりだったり。

 

いよいよゴールデンウィークに入りますね。

人によってはもう入っているのかな。

弊社も5月1日から7日までお休みをいただきますので

ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、こちらS様邸では本格的に外壁工事に入りました。

外壁はサイディング貼りの仕上げです。

色やデザインが豊富にあることに加え

本物のタイルやレンガ、石といったものに

そっくりにできているため様々な住宅デザインに対応できます。

 

また、機能面でも下地を通気工法とし

外壁の裏面に空気の通り道を作ることで

住宅の気密化、高断熱化に伴う壁内部の結露を防止するとともに

冷暖房負荷の軽減にも役立つようですから

住宅の耐久性アップも間違いなしです。

通気工法に使用する材料ですが、

胴縁を下地材とすることも多いのですが、

今回は通気金具部材を使用して施工していきますscissors

tukr78.JPG

 

 

 

 

 

2015年4月20日

◇現地調査◇   (有)球休暇

IMGP0596.JPG

お見積りを作成する際、現地調査は重要です。

敷地の情報として必要なものに測量図面がありますが

机上の紙面は、あくまでも2Dです。

画像の通り、敷地の東西や南北での高低差は

現地に行かないと3Dで把握できません。

こちらの敷地も実際の現地は南北で30㎝ほどの高低差が生じています。

この高低差が、設計する上、お見積りをする上で非常に重要です。

よく建築費を尋ねるのに「坪単価」という

業界用語がありますが

その名の通り、建物は図面から見積もることができます。

ただ実際に工事をするには、

敷地の高低差から生じる思わぬ費用が発生します。

お見積りの前には必ず現地調査をして

事前にそうした費用発生の可能性をお伝えすることは

お客様の予算設定上、非常に重要なことなので

どんなに仕事が立て込んでいても

現地調査の時間を設定することは必須なのです。

 

 

 

2015年4月15日

軒の出 《imakou》

rain今日も雨ですかぁ…やれやれgawk
 
ラジオから流れる予報士さんのアナウンスは
 
4月に入ってからの日照時間の少なさを強調していました。
 
そしてまた、「記録的な」から始まる平年との違いを
 
商い(あきない)でそろばんをはじく番頭さんのように数字でしめしていました。
 
最近は悪天候ばっかりの記録ですね。
 
たまには良い陽気の記録なんてのはないのでしょうか。
 
「4月に入って、春のすごしやすい天候が30日も続いています。これは気象予報が始まって以来の大記録です。
こうも気持ちがいい日が続くと、ついつい眠くなってきますね、ふぁ~ぁ」
 
なんてねhappy01
 
 
さて、こちら現場S様邸の屋根の軒です。
 
こうも天気が悪く雨の日が続くと軒の出に自然と目が向きます。
nd1.JPG
 
軒の下に入れば雨宿りができるし日よけにもなってとても便利。と、それだけじゃないんですね。
 
軒が伝統的な日本建築の美しさを表現しているといわれています。
 
「たとえば澄み切った秋空を背景に、すっと軒が伸びている姿は何とも言えないほどいいのもです。」
(『宮大工千年の知恵』松浦昭次より)
 
国宝や重要文化財の古い建物を修復されている宮大工さんで、
 
軒の重要性を伝えています。特に軒反り(のきぞり)を。
 
軒反りとまでなると一般の住宅では考えにくいですけど
 
長く伸びた軒にはたしかに魅力を感じます。
 
立地条件や建物様式にもかなり左右されますが、
 
工夫次第で作ることもできそうです。
 
南北に長い敷地であればその方向だけでも軒を大きくとるなどですね。
 
ただし短いからいけないかというとそうとも限りません。
 
いずれにしてもバランスが大切だと思いますから、
 
よく相談しながら決めていくと良いでしょうねgood
 
 
 

2015年4月 5日

ベランダの下地 《imakou》

cherryblossom知らないうちに満開となった桜の、

時折吹くそよ風に散らす花びらを長い時間見ることができました。

はやる気持ちで会場に向かう子供を、にこやかに微笑みながら

後ろから目で追うたくさんの親御さんを見かけました。

入園式なのでしょう。

やっとのことでここまで育ったわが子を見て、いろんな想いがこみあげてきたことでしょう。

子供たちの明るい未来を思う親の気持ちは昔も今も変わらないことと思います。

なつかしいなぁconfident

 

先日、山の恵みをいただこうと思い行ってきました。

山に入り、谷を登って、澄んだ空気を吸い鳥や水の音を聞きながら

川遊びをしようとそう思って向かったのですが、

そこにはまだ厳しい自然が残っていました。

snow雪があるとの情報は得ていたのですが、ここまでとはcoldsweats02

山の入り口から道路のわきには雪があり、奥に進むにつれどんどん積みあがっていきます。

ytm3.JPG

やがて道が閉ざされ、Uターンするところもないため

進んできた道をバックで戻るはめとなりました。

それでも雪の解け始めたところからフキのつぼみを見つけ

やがてここにもやってくるだろう春を想いつつ別れを告げてきました。

帰りにフキのつぼみと山の水を少しばかりいただいて帰ってきましたhappy01

 

こちらの現場では今まさに防水の下地を作っています。

ここにきて雨の日が多く、養生をしながらの工程となってしまうため

思うように進められないのが現状ですが、

天候の回復を願って進めています。

3bst3 (1).JPG

防水の下地ですから、当然水が流れるように勾配を作らなくてはなりません。

ただ、勾配を作るだけならまだしも、高さに制限があるため難しくなります。

というのもベランダを出入りするためのサッシがあるのですが、

そこは日常の使用を考慮してあまり高くしたくないのが人情です。

しかし、雨仕舞を考慮したサッシ下までの最低寸法も決っています。

ですから作る前から勾配を出して、寸法を決め使用材料を提案し

加工していかなければいけません。

そんな流れを経てベランダは作られていくのです。

3bst3 (2).JPG

そして下地ができたら、FRPの防水施工と工程は進みますgood

 

2015年3月27日

☆荘厳かつ盛大に☆     (有)球休暇

IMGP0649.JPG

IMGP0664.JPG

IMGP0670.JPG

IMGP0681.JPG

IMGP0686.JPG

去る3月21日(土)に

岡崎市の一畑山薬師寺さまにて

瑠璃光殿増築工事の地鎮祭が

荘厳かつ盛大に執り行われました。

弊社も工事の一部を間接的に

お手伝いさせていただくことになり

地鎮祭に参列させて頂きました。

長年建築業界に身を置いてますが

これほど盛大な地鎮祭は初体験です。

250人強をお迎えするにあたり

テント設営からイスの設置に至るまで

準備だけでも、ほぼ一日がかりでした。

さすがに、これだけの方が

お集まりになる光景を目の当たりにして

身の引き締まる思いでした。

今後の工事に関しても

工期も長期間に渡り

スケールが大きく重要な仕事です。

心して職務を全うする所存でございます。

 

 

 

2015年3月22日

建物そして外構も完成 《imakou》

せっかく暖かくなってきたんで

先週やり損ねたタイヤの交換を今日しました。

rvcarお店に持っていき頼めばやってもらえるものですが、

年に一回か二回のことだし、汚れもさっぱりさせてしまっておきたかったので

自分で替えることにしました。

 

タイヤを外したら、履き替えるタイヤのエアーチェック。

冬のシーズンをラックで冬眠していたタイヤはお腹をすかしていましたから

規定値まで補充しました。

そのあとタイヤをはめてから、外したタイヤの汚れを取りのぞきます。

ホイールについたブレーキ汚れ、特に前輪に多く見られますが裏表ともシャンプーをつかって水洗いをし、

乾かしてから保護材を施して袋に詰めてラックに保管しておきました。

2台分やりましたから結構な時間かかりましたが

それでも「早く替えなきゃ」と、ずっと気になっていましたから、とてもすっきりしましたhappy02

 

さてこちらの現場は、ついに完成となりました。

knau5.JPG

建物だけでなく、外構工事も併せて施工させていただき

階段、スロープ、手すり、フェンスそして植栽など一通りの工事が含まれていました。

建設会社と言っても、建物だけとは限りません。

建物に付随するものは、下請けさんの協力を仰ぎながら

極力、お客様の希望をかなえられるように努力しています。

だって「アレハデキルケドコレハデキナイ」では

注文してくださったお客様が大変ですよね。

「あそこに頼めばすべてやってくれるからめんどうない」

そして「信頼できるから」といった言葉を付け加えていただけるように努力していますhappy01

 

 

 

 

 

2015年3月14日

鉄骨階段 《imakou》

先日半田に向かう道すがらで、公園にある池のわきを通ると

そこでは満開となった梅の花がとてもきれいでした。

そして太くて長いレンズの付いたカメラを構えた紳士たちが

絵になるようなアングルを探りシャッターを切っているのが見て取れました。

春の訪れですね。

週の初めに雪が降ったばかりでしたが、もう遠い昔のようです。

これでやっと冬用タイヤを交換できそうですね。

明日やろっかなhappy01

 

こちらでは非常用の階段を取り付けました。

弊社直接の工事はありませんでしたが、接続部分の関係工事でありましたから、

とても気になっていました。

敷地の空きスペースがないところで、

設置作業はとても難儀のようです。

部材が鉄骨ということで重量もあるため

とても人力では無理です。

大きなクレーンがすえられれば簡単なのですが、とても入ってこられる状況ではない。

そこで登場したのがクモのような形をした小型クレーン。

tukn080 (1).JPG

なんと、アウトリーガーが足のように四方へ、まるで生き物のようです。

しかもリモコン操作で無人ですからなおさらでした。

そんな機械であっても周りに細心の注意を払い作業を進めなくてはいけないことには変わりありません。

tukn080 (2).JPG

何とか設置ができてよかったですgood

できてしまえば何事もなかったようですが大変な作業でした、お疲れ様ですhappy02

この後仕上げの塗装を施して完成です。

 

2015年3月11日

東日本大震災から4年  ≪Aki ≫

あれから4年…早いのか、遅いのか…
いまだ2,500名を超える行方不明の方々が存在するという事実に驚愕します。
様々な思いがあるはずです。共に鎮魂することが第一ですが、私ども家づくりに携わる者にとっては、住宅の耐震化・耐力向上が至上命題です。
ただ、まだまだ国や自治体の補助金も不十分ですし、一番問題なのは、人々の意識から風化して耐震化が滞ってしまうこと…
そうならないように、私たちはアナウンスしていかないといけないですね。
“家”は人の命を守るモノだといことを。。。
 
Dh矢田Ⅱ JIO検査.jpg
検査をしっかりすることで、さらなる耐震化を目指します!

2015年3月 8日

造作完了、そして仕上げ 《imakou》

目まぐるしく変わる天気と気温で

身体はついていくのが大変です。

何だか季候をいったんシャッフルしてからでないと

春が「ポンッ!」と出てこないみたい。

とは言うものの、散歩に出てみると

bud土手には新しい雑草の芽が出てきだしていて、

あんなに枯れていた風景が緑の景色に変わりつつあります。

 

先週ほじくり出したレコードを聞きながら悦に入っているとconfident

ふとカセットテープのことを思い出しました。

「ソウイエバ、ヨクフキコンダヨナァ」

そう当時はレコード音楽をカセットテープに入れることを「フキコム」といったのです。

その作業はレコードに刻まれた音楽の時間だけかかりました。

Side1が終わると裏返してSide2にするとともにテープもⒷ面にひっくり返すのですが、

レコードの時間に合わせたつもりのテープが寸前のところで「ガシャ」と終ってしまうと

まさに、すごろくの「フ・リ・ダ・シ・ニ・モドル」ですcrying

しかし、そんなことがあってもコリズ、オシマズ、メゲズでした。

そう、たくさん作ってカセットケースいっぱいにしてドライブに出るのがステータスだったのです。

 

当時から見れば、現在のようにCD1枚を数分でMP3にしちゃって

手のひらにのるような小さな箱に何千曲もいれて持ち歩けるなんて本当に夢のような話でした。

それでもその時代にはすべてがその時代なりの時間で進んでいたようで気になりませんでした。

そして現在。いろんなことが早くなりましたね。どんどん早くなっていく。

だからって訳じゃないですけど

たまにはレコード盤のまわる様子、カセットテープの再生に合わせてテープが巻かれる様子を

眺めていてみませんかhappy01

 

さてこちらの現場では仕上げに向けて着実に工事が進んでいます。

建物内部では、造作工事(大工さんのお仕事)が完了すると次はクロス工事などの内装工事」が始まります。

そして外部では、サイディング工事が完了し、塗装工事、樋工事へと進み足場が外されていくのですが

ここらへんが、また大事です。造作が完了したからって、サイディング工事が完了したからって

気を緩めると「あちゃぁ~」てなことになって元の木阿弥(もくあみ)になってしまいます。

この後の作業の順序や変わりやすい天候にも気を使わなくちゃいけません。

ksok5.JPG

クロス工事の風景です。

パテを打って、ペーパーでうすーく均してからクロスを貼っていきます。

ジョイントをカッターでカットして貼り合わせると

どこがジョイントだったかわからなくなるぐらいに貼り上げていくのですが、

その一連の作業は早い!無駄がない!

身体が勝手に動いているといった感じですね。

それは熟練のなせる業でしょうscissors

 

 

2015年3月 2日

コンクリート打ち 《imakou》

music何気に本屋さんで立ち読みしたオーディオの雑誌。

レコードの特集をみて、久しぶりに聞きたくなってきたから、さあ大変。

だってもう二度と聞くことないと思ってしまい込んでましたから

プレイヤーもレコードも納戸の奥の階段下の物入れの一番奥に押し込んでありました。

 

悪戦苦闘して引きずり出してみると、ちょっとかび臭いけど原型をとどめているし、何とかなりそうです。

汚れやほこりを取り除き配線をつないで、いよいよ実聴。

プレイヤーにレコード盤をのせてスイッチをいれるとアームがアップ。

ここからは自動ですから、動きを一部始終見ていると盤がゆっくりと回りだす。

こんなにゆっくりだったかなと思いつつも、余計な心配でした。

もうこのあたりから感動ものです。

心配をよそに楽曲が始まると感動で涙が出てきそうでしたhappy02

何年もの間ほかっておいていたのがウソのようです。

 

近年ではデジタル音声になれてしまってアナログを忘れかけていましたが

たまにはいいものですよ。

音の良し悪しはわかりませんが、

ゆっくり回る盤を見ながら聞く音楽には癒されるものがありました。

 

さて、こちらS様邸では木曜日に予定していたコンクリート打設を

雨の予報だったので土曜日にスライドして打ちました。

cuh1o.JPG

コンクリートをミキサー車から送るためのポンプ車が活躍します。

送信機から送る信号でポンプ車のホースを移動させながら

多すぎず少なすぎないようにコンクリートを送り込む操作には感心しますね。

そして均し手の職人さんは、バイブレータという振動をさせる機械で

コンクリートに隙間ができないよう、まんべんなくまわるようにします。

そしてトンボといったコンクリートを均す道具を使って別の均し手さんが均していき

最後にコテを使って仕上げです。

こういった作業を無駄なく正確に進められるのは

理屈ではなく身体で覚えた熟練の技なのでしょうねhappy01

 

 

 

 

2015年2月21日

基礎配筋の風景 《imakou》

cloud期待していたほど天気はあまりよくなくて時々曇り。

それでも時折のぞく青空と風がない分ずいぶんと過ごしやすかったです。

 

昨日一昨日の風ときたら、ビュービューと吹きまくり

体はあおられるし、打ち合わせするにも図面に挟んだ書類が飛んで行ってしまうから

落ち着いて話ができやしない、もう大変でした。

その点今日はいい、落ち着いて現場を見ることができました。

 

ちらほらと梅の開花の便りも聞くようになってきて

春はもうすぐ近くですが、人によってはつらい花粉の季節でもあるようですから複雑ですねcoldsweats01

 

こちらS様邸では、基礎の配筋工事に入りました。

khny7w.JPG

こちらでは基礎下に断熱材を敷き込み、その上に鉄筋を組み立てるといった方法で工事が進められています。

 

建物が大きいといったこともありますが、鉄筋の量が半端じゃありません。

網の目のように組み上げている土間鉄筋の上に

これからもう一重のせて二重とします。つまり土間のダブル配筋です。

さらに2階建て木造住宅ですが梁もあります。

梁は太い鉄筋(主筋といいます)の周りに、四角く帯状に加工された鉄筋を包むように等間隔で配置したもので

そうすることでより変形能力、粘り強さを高めることができますgood

 

いつも木造住宅といってひとくくりにして言いますが、

RC(鉄筋コンクリート造)木造合体住宅

「アールシーモクゾウガッタイジュウタク」

と言ってももいいような気がしますねhappy01

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月15日

ガルバリウム鋼板のタテひら葺き 《imakou》

今朝は雨の気配で目が覚めました。

僕の知る限り、雨の予報は耳にしていなかったので

自分をまず疑いましたが、かすかに聞こえる雨音で確信しました。

どうも雨、風、雪の気配を察知すると目が覚めるようです。

一種の職業病でしょうか。

現場に出れば天候に左右される場面も多く

どうしても敏感になってしまいす。

 

そんな朝の雨も上がって日が差してきたので、

ホームセンターへ行って花でも見てこようかなtulip

 

先日ツーバイフォー工法のフレーム工事が終わった現場にて

屋根工事も完了しました。

ガルバリウム鋼板を使ったタテひら葺きです。

屋根の軽量化とシャープなイメージが特徴です。

ygnsi3.JPG

瓦棒葺きと言ってしまうこともありますが、正確には違うようです。

タテひらの細いラインのような立ち上がり部分が、

瓦棒葺きの場合は垂木を包み込むような形状のため少し広くなっています。

ラインの太さの違いから、重量感、質感シャープさの違いが出てきますので

求める建物のイメージで変わるようですが、

ガルバリウムを使用する住宅などでは屋根部分の重量感を軽く

シャープに見せる場合が多いため、タテひら葺きが主流のようですねgood

 

 

 

 

 

2015年2月12日

ショールーム改装中!! 

弊社のショールームは生まれ変わりますhappy01

現在は、外観を改装中。引き続き内装に入っていくのですが、コーディネーターさんに依頼して、今までとは全く違う趣に変身しますsign01

特に内観は、従来の商品の展示ルームという概念を一掃して、快適な住まい方、よりよい暮らし方、ライフスタイルを追求したスタイリッシュで機能的な空間をパターン化して見ていただけるようになります。

中々、写真や動画でしかご覧いただけなかったイメージの部分が、新ショールームを通して体感していただけるようになるのですhouse

外観は2月末。内観は3~4月を完成予定にしております。折に触れて進捗状況、ショールームの具体的な内容も紹介していきますね。

お楽しみにhappy02

ショールーム改装中外観.jpg

平成9年の新築以来18年振りの大改装。大きく生まれ変わります\(^o^)/

2015年2月 7日

ツーバイフォー工法の建て方完了 《imakou》

sun凍った車の窓ガラスを溶かした朝がうそのようです。

着込んだジャンパーを車内に放り込んで

腕を回して肩をほぐす仕草をしてみると

ずいぶん軽くなった気がするし、温室から出て外の空気に触れた時のように

スッーとしました。

暖かくなってまた寒くなって、

そんな風に繰り返していくうちに

少しずつ春に近づいていくのでしょうね。

 

田舎育ちの僕が思い出すのは、

こういった日に軒先の氷柱(つらら)を伝って落ちてくる

雪解けのしずく。

ポタポタとトタンを叩く不規則なリズムが

一日中鳴り止まないでいるのですが、

時計の音が生活の中に溶け込んでしまうように気にならなくなってくる。

やがて日が沈み、再び凍えるようになってくると

音は止み、深々とした静けさがより一層の寒さを感じさせました。

人はいろんなことで季節や時間を感じるから不思議ですね。

そして来週からはまた寒くなるそうです。十分体調には気を付けましょうね。

 

さて、こちらツーバイフォー工法の建て方が丁度完了した現場です。

今回は、工場で壁などをパネル状にして現場へ運び

レッカーで吊り、組み建てていく工法をとりました。

工期が短縮できることと、現場で出るごみが少ないなどのメリットがありますが

制約もあり、比較的敷地に余裕のある現場に採用される工法です。

ですから現場の状況によってはできない場合もありますが

ツーバイフォー工法であれば

狭い敷地、3階建てなどでも、レッカーを使用しないで建てることができるので

様々な建物に柔軟に対応できる強みはあります。

住宅に限らないで店舗や倉庫などでもできますよhappy01

fkok3.JPG

木材が規格化されていることと

ほとんど間隔が統一されているため、

整然としていますね。

床はシートを貼り養生してありますscissors

2015年1月31日

床のレベル《imakou》

雨が上がったら冷たい北風がやってきました。

それも少々強いやつ。

 

空中では鳥が風にあおられて

がクンと高度が変わる様子が見て取れました。

まるで飛行機が乱気流に巻き込まれるように。

それでもなお空中を旋回している様子を見ると

wave波が荒れると燃えるサーファーのようで、

強風を楽しんでいるようにも見えました。

 

こっちはそれどころではない。

かじかむ手をポケットに突っ込み

車までダッシュ!

車内でぶるっと体を震わせ、ほっと一息confident

ガラス越しに差し込む太陽光線で

温室のように暖かい。

「やっぱ風がないだけでちがうねぇ」と

独り言を言いながらさっきの鳥を目で追いかけていました。

 

寒さも何のその。

現場では大工さんが風をもろともせず

床の下地作りでした。

ysdh-6.JPG

基礎の上に乗っているのが土台。

基礎のないところを橋のように渡してあるのが大引きです。

大引きの下でところどころ支えているのが束です。

これは通称プラヅカと申します。

床の水平を微調整できるネジになっていて

回すことによって高さを変えることができるので

大工さんが、水平を確認しながらねじを回して固定していきます。

また、コンクリートと接着されることで浮防止にもなっています。

昔、木材で束を組んでいたころは水平の微調整がしにくく

あとから束の下に隙間ができて、床なりの原因になってしまうといったこともありました。

それと、根がらみのぬきも必要だったので、床下を点検するのも一苦労でした。

 

そういったことを考えると、なんとすっきりした床下なのでしょうね。

点検も容易にできるし、床のレベルの精度も上げられるので

バッチリデスhappy01

 

 

 

2015年1月21日

屋根断熱 《imakou》

今日は、2年前に弊社で建てさせていただいたK様邸にお邪魔しました。

建物を前にして、「もう2年になるのかぁ」と

最近よく思う時間の速さを実感しながらも

色あせていない外壁、綺麗に片づけられている外回りが

ボーダータイルのシャープな建物を一層引き立てていました。

綺麗に使われているんですね、家の外も内も完成当時のそのままといった感じです。

そんな中、「あっ」と目をひくものがありました。

それは、完成当時に僕が植樹させていただきましたシマトネリコ。

当時は1メートルぐらいのものでしたが、なんと倍以上、

玄関の軒に枝葉があたって、お辞儀しているような状態なのでびっくり。

これには時間の経過を十分感じさせてもらいました

 

さて、これは屋根断熱です。

dtdo3.JPG

屋根の垂木と垂木の間にはめ込んでいきます。

隙間ができにくく断熱性、気密性が良くなるようで省エネ。

特に屋根が板金の場合有効のようです。

日々住宅の性能が向上していきますねhappy01

 

2015年1月17日

今年初の建て方 《imakou》

fuji新年あけまして

おめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

新しい年を迎えてはや1月も半ばとなり、

新年のご挨拶をかわすこともなくなったと思いますが、

弊社7日までが休みとなっておりまして、

明けても社の行事と年始のあいさつ回りで一週間が終わってしまいました。

そんな訳で、今週から本格的に業務に入ったような状況で

無我夢中で業務をこなしていたら、あれよあれよという間にもう週末になってしまいました。

「今年ももたもたしていると時間に流されて終っちゃうぞ!」って自分に「喝!」angry

 

さて、雨も上がって快晴のもと建て方です。

若干風があり、寒くもありましたが、

そのぶん体はピリッとしました。

 

大工さんたちは屋上での作業となったため

僕も様子を見ようと上がってみると

久しぶりの高所ということもあって恐怖。「ちびりそう」でしたcoldsweats02

しかし大工さんの手前、平静を装っていましたが、

「腰が引けてる。へっぴり腰だわ」と

「むむっ」見事見抜かれてしまいました。

「でもね、怖いと思っているほうが、用心するから怪我しないのよ。皆さん気を付けましょうね。」

と心の中で安全をお祈りしていました。

でも、みんなひょいひょい動いている中で、固まっている僕ははっきり言って邪魔ですね。

そう思って退散しました。

tni88.JPG

その屋上での建て方風景です。

場所が高台にあるので,さらに恐怖心をあおられましたbearing

 

 

 

 

2014年12月31日

今年も大変お世話になりました 《imakou》

runすみませ~ん、今年最後のブログ滑り込みまーす。

 

というのも終盤になってからのあわただしさで、

公私ともに、あれもやらなければこれもやらなければと

欲張っているうちに、何からやったらいいのか訳わからんことになってしまいましたcoldsweats01

 

なんとか帳尻を合わせて年の暮れを迎えているのですが、

そんな調子で過ごしてきたためか「なんか締りがないなぁ」って感じでした。

 

そこで昨日は、今年も世話になったトラックのワックスがけと、車内の大掃除をしました。

洗車は済ませてあったので、ワックスがけはすぐに終わりましたが、

車内の掃除は結構大変でした。

荷物を全部放り出してから、エアーでほこりを吹き飛ばしてやりました。

意外とほこりがたまっていたり汚れているものなんですね。

しがみついているほこりや汚れは雑巾でしっかり拭き取ってやると

見違えるようになり、中の空気まで清潔になったような気持ちになりました。

DSCN5623.JPG

わが愛車、春日井の工場・倉庫にて。

 

「これで今年も締まってきた、調子出てきたぞ!」

「最後にブログだ!」

という訳で、今年の最後の締めくくりに滑り込ませていただきました。

 

年を追うごとに過ぎる時間の速さを実感しますが、

それだけに時間の大切さも解ってきたように思います。

昔、製図の課題で、時間内に書くことの練習で、

プランがまとまらず、じっと考えていた時、

「とにかく手を動かせ、動かしながら考えなさい」

と先生からアドバイスを受けました。

実際、なんとなく適当でも書いているうちにぼんやりしていたものが、

はっきりしてきてプランがまとまってきたものでした。

じっとして考え込んでしまうより、何かしらでも動いていれば前に進めるように思います。

来年は「蹉陀歳月(さたさいげつ)」無駄に時間を過ごすことのないようにしたいと思います。

 

皆様、horse今年も大変お世話になりました。

aries来年は、より一層家造りに精進して参りたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

 

 

2014年12月30日

1年お疲れ様でした~(^_^.)  

怒涛の年末:12月でした~happy02

12月だけでお引渡しが5件。。。終盤は、毎日引渡し業務をやっていたように思います。

今年は前半から、消費税の駆け込み需要upwardrightに始まり、消費税実施後は反動減downwardrightと非常に経済的にも慌ただしい1年となりました。

来年の予想は、概ね住宅にとっては厳しい数字となっています。そのような中、どのように差別化ができるのか、オンリーワンの建物を提案するためにはどのようにしたらいいのか。模索が続いています。

関係者の方々には、今年1年大変お世話になりました。

来年も果敢にチャレンジし、良質な建物をご提供していく所存です。変わらぬご愛顧をお願いいたします

皆様、よいお年を!

B用Dh守山区東山町撮影.jpgのサムネイル画像

完成現場の撮影も急ピッチで行いました~。完成建物の画像CDは、お施主様・ご購入様へプレゼントしています(^O^)

B用日進S邸.jpg

日進S様邸のテラスも広々として気持ちいい~。お引渡し物件ですヽ(^o^)丿

B用瑞穂区M邸1.jpg

B用瑞穂区M邸2.jpg

瑞穂区のM様邸。お施主様のこだわりが随所に…ブラックな外観に35㎜という厚手のサイディング。内部には吹抜け。ここからの陽光が気持ちいい!

お客様も大満足でお引渡し完了です\(^o^)/

 

B用Dh守山区東山町撮影.jpghappy01 happy01

2014年12月29日

今年も一年お疲れ様です...     (有)球休暇

100_0737.JPG

みなさま 今年も一年お疲れ様です。

弊社もやや遅れて、今日が仕事納めとなりました。

今年も例年同様に慌ただしい師走でした。

仕事もさることながら、今年は忘年会も数多くあり

そちらも慌ただしかったですが、

そんな中、我が身の救世主となったのが

今話題の☆ 『ヘパリーゼ』 ☆

お酒好きの小生でもこれだけ飲み会が続くと、へばってくるのですが、

今シーズンは☆ 『ヘパリーゼ』 ☆ のおかげで翌朝もスッキリさわやか!

仕事もバリバリ遂行できました。

いや~あらためて「日本の商品開発力ってスゴイ!

ってなことで

みなさま 今年も一年ありがとうございました。

どうか

よい年をお迎えください。

 

 

2014年12月18日

皆さま、お忙しい中 スミマセン...   (有)球休暇

2014121515330000.jpg

2014121517160000.jpg

皆さま この年末の忙しい最中にスミマセ~ン!

先週末に毎年恒例の

クリスマスシーズンのディズニーランドに行った帰り

そろそろ空いてる頃かな~と思い立ち

スカイツリーへ立ち寄りました!

天気も良く風もない日で、スマホ情報でも

エレベーターも運行中とのことで

子どもたちもテンションMAX!

30分ほどは並びましたが

夕方から夜景への眺めは

そりゃあもう 筆舌に尽くし難いほどの絶景デシタ。

これだけのモノが作れる日本ってあらためて

スゴイ!!と思ってしましました。

 

2014年12月16日

鉄筋コンクリート造のリフォーム 《imakou》

snowあれよ、あれよと言う間に12月も半ばになってしまいました。

12月に入ると待ってましたとばかりに

メディアやスーパーでは

xmasクリスマスソングとその飾り付け。

にぎやかで楽しそうなその雰囲気に早く乗っかりたいんですが、

ぎりぎりまでお預けになりそうです。

早すぎるクリスマスモード、20日くらいからにしてもらえると助かるんですけど。

だって気持ばっかりせいてくるんですからcoldsweats01

 

そんな僕でも気持はわからないでもないです。

「もうすぐクリスマス」

「もうすぐ正月」って思っている時が一番いい。こどものころからず~っとそうでした。

その日が通り過ぎるのはあっという間ですから。

 

いま学校の近くで大きないえのリフォームをさせていただいています。

RC(鉄筋コンクリート)造で躯体だけを残して内装を変えるかなり大がかりなものですが

デザインも手がける設計事務所さんの監理のもとでの工事ですから、

使う材料や見せ方、使い勝手に初めて見るものもあり、とても新鮮で勉強になります。

「世の中にはこんな材料もあるんだ」って

まだまだ知らないことのほうが多いようですね。

今は大詰めの段階で、感心ばかりしている場合でもないのですが、

材料の使い方や工夫ひとつで「こうも変わるんだ」って

やっぱり感心してしまいますhappy01

 

追伸、今回は画像はありませんです<(_ _)>

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11